寒行托鉢|總持寺祖院

寒行托鉢とは?

寒中の期間、僧侶たちが市街地を托鉢して回る修行のことだそうです。僧侶は右手に持鈴、左手に鉢を持って歩きます。
鈴の音が近づくと、市民は家の外に出て、僧侶に浄財を寄進する住民の方もおいでます。
總持寺祖院では、1月11日から寒行托鉢始まり、2月3日まで能登一円を歩くそうです。

関連記事

  1. 2020年 新年明けましておめでとうございます。

  2. 輪島の冬の味覚『水羊羹』(ミズヨウカン)

  3. 能登の冬の風物詩『波の花』 

  4. 今日行われた左義長(重蔵神社)

  5. 今日午前の 垂水の滝(10秒動画)

  6. 輪島市役所 2階ロビーに『薬師寺 三重塔』(模型)が展示されています。

Translate »