能登の冬の風物詩『波の花』 

能登の冬の風物詩として知られている「波の花」は、11月中旬から2月下旬の海が荒れて波が高い、寒さの激しい日、岩に打ち寄せた波が白い泡になって、雪のように舞い海岸を覆います。
その泡のことを「波の花」と呼んでいます。主に「垂水の滝」・「曽々木海岸」・「鴨ヶ浦」で見ることができます。

関連記事

  1. 今日の白米千枚田|2月1日からはバレンタインイベントが始まります。

  2. あぜのきらめき 2021/10/23(土)~2022/03/13(日)

  3. 今日午前の 垂水の滝(10秒動画)

  4. 輪島塗会館|2階は輪島塗資料展示室となっています。

  5. 2022年 元旦の白米千枚田

  6. 冬の鴨ヶ浦海岸

Translate »