『手弱女(タオヤメ)桜』が満開になっていて、今が見ごろになっています。

「手弱女(たおやめ)」の原木は 桜の名所として知られる、京都市の平野神社の境内にあります。手弱女(タオヤメ)とは、しとやかで優美な女性の意。この桜は 50年程前に県道工事の支障となり、地元住民が樹齢20年程の切株を道路脇に移植したものです。

[map address=”石川県輪島市石休場町 手弱女桜 ” width=”100%” height=”400px” api=”AIzaSyAinJXatWq2OkKc2jSggIkVCwvASjjfFgg” theme=”” class=” ” zoom=”16″ draggable=”true” controls=”true”]

関連記事

  1. 一本松公園の桜

  2. 今日の鴨ヶ浦海岸

  3. 【わじまさんぽ】今朝の一本松公園

  4. 今朝の鴨ヶ浦海岸

  5. 曳山祭(住吉神社)が行われました。

  6. 白米千枚田 少しずつ水が張られてます

Translate »