イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

曽々木大祭

8月 17日

イベント ナビゲーション

国の名勝・輪島町野町曽々木海岸一帯を舞台にした曽々木大祭が17日夜繰り広げられ、大小5基のキリコが勇壮に乱舞する。

・・由来・・
当地に鎮座する春日神社の大祭で、往古、神様がアイノカゼに乗って曽々木海岸に漂着したという寄神伝承が伝わる。神社は神の漂着伝承地から100mほど南に直進した岩倉山の裾部に建ち、宵祭には窓岩ポケットパーク下の海辺に柱松明を立て、神輿が来臨すると柱松明を炎上させる。

春日神社近くの窓岩ポケットパークにキリコと神輿が集結し、青年団によるキリコは5間半(10m)のものが1本と4間(7m)のもの4本、合計5本が町を練り歩く。
午後10時過ぎに松明が点火され、キリコが窓岩ポケットパークで乱舞する。
花火も打ち上げられ、日本海の夜空に光の大輪を咲かせる。

詳細

日付:
8月 17日

お問い合わせ

わじま観光案内センター
電話番号:
0768-22-1503

会場

輪島市町野町曽々木
石川県
輪島市, 町野町曽々木
+ Google マップ