輪島市はライダーの皆様を笑顔で歓迎いたします!

平成31年1月23日(水)、輪島市は「ライダーを笑顔で歓迎する都市」を宣言しました。これにより、ツーリングライダーを歓迎するまちづくりに取り組みます。また、バイク冒険家で日本ライダースフォーラム代表の「風間深志」氏から「輪島モーターサイクル親善大使」として、モーターサイクルによる地域活性化のアドバイスをいただくこととしております。ライダーの皆様、風光明媚な能登輪島へぜひお越しください(^▽^)

輪島市ライダーを笑顔で歓迎する都市宣言(宣言文)
能登半島の先端に位置する輪島市は、豊かな海と山々に囲まれ、白米千枚田に代表される世界農業遺産「能登の里山里海」が広がる自然豊かな街です。また、禅文化が息づく曹洞宗大本山の總持寺祖院や日本遺産「北前船寄港地・船主集落」である旧角海家や門前町黒島地区の街並み、日本を代表する伝統工芸「輪島塗」、千年の歴史のある輪島朝市、能登のキリコ祭りや海女文化など先人達が築き上げてきた伝統文化、里山里海の幸を活かした輪島の食など多彩な魅力に満ち溢れています。
私たちは、この素晴らしい街に住んでいることを誇りに思い、全国からお越しいただくライダーの皆様を全市挙げておもてなしの心で歓迎し、賑わいと交流がより一層活発になることを願い、ここに「ライダーを笑顔で歓迎する都市」を宣言します。