輪島漆芸美術館【展覧会のご案内】

【展覧会のご案内】

「うるしの水族館-漆芸品にみる水の生きもの-」

 

会          期   7月11日(土)~9月14日(月)
主催・会場  石川県輪島漆芸美術館 展示室1・2
開 館  時 間  9:00~17:00(入館は16:30まで)
       *会期中無休
入 館 料  一般 420円・高大学生 210円・小中学生 100円
同 時 開 催  展示室3「輪島塗の歴史と文化」
       (展示室4は工事のため閉室中)

 

 水の生きものたちの愛らしい姿や水辺の美しい情景は、漆芸作家たちにさまざまな着想を与えてきました。豊饒な日本海に面し、清らかな河川を有する輪島にはサヨリやタイ、カニ、ハゼ、エビなど多岐にわたる水も生きものが見られ、漆芸作品の意匠に多く取り上げられています。

 本展覧会では展示室を水族館に見立て、海や川に生息する生き物や水辺の情景、または水面の様子などが描かれた漆芸作品を意匠ごとに分類してご紹介します。変塗や螺鈿、蒔絵、沈金、彩漆など多様な漆芸技法を用いて繊細に表現される幻想的な水の世界をお楽しみください。